戌の日 安産祈願

更新日:2021年4月16日

犬(戌)はお産が軽いこと、一度にたくさんの子犬を産むこと、狛犬のように悪鬼を祓い清めることの意味から、古くより“安産”の象徴とされ、安定期に入る5ヶ月目の最初に戌の日に安産祈願をすることが日本の習慣でありました。

 



 

お参りはママと赤ちゃんの健康を第一に


安定期とはいえ、体調の優れないこともあるものです。初段に述べた“5ヶ月目に最初の戌の日”に拘らず、体調の良い日また予定のつく日に参拝しましょう。

体調を第一に考えましょう!

どうしても!と拘りたい方は代理の参拝を頼みましょう。


 

安産祈願のご案内


当神社では基本予約制となります。1組ずつご祈祷致します。

また、現在流行中であります新型コロナウイルス感染症対策もしておりますのでご安心してお参り頂けます。

祈祷料(初穂料)は5,000円となります。

ご自身で腹帯をお持ちの方はお祓い致しますのでご持参下さい。


 

申込方法


電話または、ホームページよりメール又はFAXにて申込みが可能です。


 


お母さんが無事に 元気な赤ちゃんが産まれますようご祈念いたします




#安産 #安産祈願 #戌の日 #小樽 #北海道 #神社 #潮見ヶ岡神社 #赤ちゃん #出産 #ご祈祷


閲覧数:118回

最新記事

すべて表示

潮見ヶ岡神社初詣 専用ページをご覧下さい。https://www.siomigaoka.com/%E5%88%9D%E8%A9%A3%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%97%E3%81%A6 壬寅年に関して 本来、「干支」とは十干と十二支を組み合わせた十干十二支のことを言います。 十干には【甲(コウ・きのえ)乙(オツ・きのと)丙(ヘイ・ひのえ)丁(テイ・ひのと)戊(ボ・つちのえ)己(