神楽守(かぐらまもり)

更新日:2021年9月18日

はじめに


令和3年9月18日(土) 

授与開始致します。


初穂料は800円となります。

 

神楽守について


神楽はそもそも神様を招き、神人一体となって遊び、五穀豊穣や無病息災など、その時その時で、さまざまな願いを込めて古くより舞われてきました。


今回、新しく奉製した「神楽守」は願意は定めておらず、皆様1人1人の「願い」「幸せ」をこのお守りに込めて、肌守としてお受け頂きたいと思っております。



 

デザインについて


国の重要無形民俗文化財に指定されている松前神楽。

小樽に伝われてより、小樽の発展のみならず、市民の無病息災を祈り、各地で舞われてきました。

その松前神楽の演目の一つである獅子舞。

この獅子をモチーフにデザインしました。



 

最後に


人それぞれ、幸せのかたちは違うものです。

今一度、個々の幸せのかたちを考え、その願いを込めてお受け頂けたら幸いです。


大神様のご加護のもと、日々ご健勝ご多幸でございますことお祈り申し上げます。



なお、新型コロナウイルス収束までは郵送でも受け付けますので、申し込み方法はホームページをご覧ください。https://www.siomigaoka.com/

収束後はぜひ、ご参拝下さい。

 



#お守り #小樽 #神社 #潮見ヶ岡神社 #松前神楽 #獅子舞 #幸せ

#神楽守 #かぐらまもり

閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

潮見ヶ岡神社初詣 専用ページをご覧下さい。https://www.siomigaoka.com/%E5%88%9D%E8%A9%A3%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%97%E3%81%A6 壬寅年に関して 本来、「干支」とは十干と十二支を組み合わせた十干十二支のことを言います。 十干には【甲(コウ・きのえ)乙(オツ・きのと)丙(ヘイ・ひのえ)丁(テイ・ひのと)戊(ボ・つちのえ)己(