103267.jpg

​小 樽 松 前 神 楽

103267.jpg

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

 松前神楽はおよそ500年前に武田氏が蝦夷を平定して十余の豪族を統一し、松前藩の基礎をつくった時に始まり、そのころ戦勝を祈願して種々の火狂言や社人の舞を行ったのが起源です。

 第10代藩主矩廣(のりひろ)公の時、古くから松前地方の各神社で行われていた神楽の演技種目を統一し、延宝2年(1674)11月15日に藩主自らが祭主となり、領内の神職を城内本丸の槍の間に集めて、鎮釜湯立式松前神楽を修業したのが『城内神楽』のはじまりで340年ほど前のことになります。

 以来、隔年ごとに松前城内で行う恒例行事と定め、明治維新の廃藩まで厳修されてきましたが、廃藩後はこの神楽に参加した社家神職によって受け継がれ、現在は道南・後志の神社を中心に奉奏されております。

 松前神楽は能楽・舞楽系統のものから構成され、折目正しい格調高い神事芸能であり、湯立の儀式と舞楽を合わせて33神事に亘る大神事で、歴代の藩主は必修科目として奨励したと言われております。

■昭和33年  北海道無形文化財の第1号に指定

■平成11年  国の重要無形民俗文化財指定に向け松前神楽北海道連合会保存会を結成

■平成20年  北海道無形民俗文化財に指定

■平成30年  国の重要無形民俗文化財に指定